返還請求のスタートは

大手消費者金融であるアコムのキャッシングであっても、過払い金は発生します。
課払い金が発生した場合、過払い金返還請求を行うのが一般的ですが、アコムのキャッシングでは、どのような流れとなっているのでしょうか。
まずは、アコムのキャッシングに対して、取引履歴の開示請求というのを行います。
完済している人の中には、取引履歴がないという人もいますので、特にこの作業は重要となってきます。
アコムのキャッシングの場合、消費者から取引履歴開示の請求があってから、おおむね1ヶ月以内には開示をしてくれます。
この1ヶ月という期間は、ほかの消費者金融と比べても、かなりしっかりとした対応と言われています。
取引履歴が開示されたら、その内容を元に、ひき直し計算を行います。
つまり、違法な金利で貸しだされていなかった場合と、違法な金利の場合の差額を求めるというものです。



業者との話し合いをする

その結果、アコムのキャッシングで過払い金が発生していることがわかったら、今度行うことは「過払い金返還請求書」の作成です。
これはどういったものなのでしょうか。
業者に対して過払い金の金額、そして請求すること、回答期限、それを過ぎてしまった場合には訴訟することなどを記載した書類のことです。
ファックスで送っても構いませんし、内容証明郵便で送っても構いません。
相手にこの書類が届くと、相手から電話が来ます。
もちろん、最初から過払い金の満額返還をしてくれる場合もありますが、そうでない場合もあります。
もしそうでない場合、最初の段階では、過払い金の8割程度を返還するというのが多いようです。
それで手を打ってもいいのですが、そうしなくても構いません。
あくまで満額返還してもらうというのであれば、まずは返還日を遅く設定するというのでもいいでしょう。
今すぐ全額は返せないが、少し待ってくれれば全額返還できるという場合もあるからです。
もし、それでも納得がいかない場合には、弁護士を立てて訴訟に打って出るということです。